サステナブルな紙展

サステナブルな紙展
2008年2月21日~3月4日の期間、東京造形大学プロジェクトチーム主催による「サステナブルな紙展」が開催され、協賛企業として五十嵐製箱は「平成19年度東京ネクストデザインプロジェクト ダンボールプロダクツの共同開発」において技術面でのサポートを担いました。

リボードを使用した作品展

サステナブルな紙展 サステナブル(Sustainable)は、持続可能という意で、最近では環境問題を見据え「環境や資源を考慮し継続できる」という意味合いで使用され始めています。

紙の材料であり、尊い資源でもある「木」の消費を抑え、かつ、紙の使い方や代替方法を見つめ直す新しい価値観、サステナブル。新素材であるリボードも含めた紙素材によるアート作品やアイデアの数々。それらの提案や方法論、地球と人に優しい紙のこれからを考える、大変意義のある展示会でした。

サステナブル

サステナブル

サステナブル

サステナブル

サステナブル

サステナブル
ページトップへ