フレキソ印刷の特徴

1. インキが水性であること...

機械画像 印刷インキとは、何らかの固有の色をもった顔料や染料を溶剤、樹脂、油、水、アルコールなどに混合し、特定の機能を持たせるために何らかの添加材を加えたものです。フレキソインキは他の印刷方式と異なり、水性のインキです。有機溶剤を使わないので、印刷工程で大気を汚染することが少ないようです。

2.紙のロスが少ない...

理由1:オフセット印刷は、印刷を開始してから色の調子が安定するまでに、しばらく時間がかかります。つまり刷り始めに多量の紙のムダが発生します。それに比較するとフレキソ印刷は、刷り始めから色の安定までが短く、紙のムダが出にくいようです。

理由2:通常オフセット印刷(枚葉印刷)に用いる紙は、紙の規格サイズに断裁された長方形のものです。例えばパッケージは印刷時に展開図の状態で印刷されるので、紙の取りの悪いものは、箱として使用する面積と、切り抜いて捨ててしまう面積がかわらないものもあります。フレキソ印刷では、不定型サイズの紙に印刷できるので、比較的紙のロスが少ないです。

3.少々デコボコした紙にも印刷できる...

代表例がダンボールです。箱は中の商品を安全に保護する機能が第一で、低級の再生紙を使用することが多く、かつ同じ紙の使用重量で比較すると、板紙よりもダンボールのような構造物(複数枚の紙の貼り合わせ)の方が箱としての強度が高くなります。難点といえば、表面がザラザラデコボコとしていること。フレキソ印刷では、柔らかい凸の版を使うので、箱の強度を落とすことなく、印刷ができてしまいます。

4.必要な箇所だけ版を作れば良い...

これも経済性という点で、自然に優しいことになるでしょう。ちょっとした変更や修正の際、グラビア印刷だと、金属のシリンダー1本丸ごと作り直しですが、フレキソ印刷だと必要な箇所のみ版を差し換えればすみます。

ページトップへ