会社沿革

1926 年10月 東京都墨田区横網町において創業者五十嵐音蔵が個人経営にて木箱製造業。五十嵐製箱所を開始
1941 年 2 月 戦時中、陸軍兵器補給用の木箱製造に従事し栃木県鹿沼市に工場を移転
1950 年 1 月 法人組織に改組し五十嵐製箱株式会社を設立
1953 年 4 月 通産省より輸出品包装木箱の全種目に日本工業規格表示を認可される
1953 年 5 月 現在の包装資材需要を予測しダンボールケースの製造を開始
1964 年10月 神奈川県小田原市に製箱ラインを導入し小田原工場を建設
1965 年 4 月 資本金の増資を行い1,200万円となる
1968 年10月 小田原工場を拡張し倉庫を新設する
1975 年 1 月 姉妹会社五栄製箱株式会社と業務提携し関東一円の供給体制を確立
1985 年 2 月 東京工場において流通加工業務をスタート
1985 年 9 月 小田原工場第一次設備増設 フレキソ印刷機を導入
1990 年 8 月 小田原工場第二次設備増設 2FG・自動平板抜機・ワンタッチグルアーなど最新設備を導入東京都墨田区工場のダンボール生産設備を小田原工場へ移設
1993 年 3 月 本社および小田原工場においてコンピューターを導入、生産効率化の向上を実現
1995 年 5 月 小田原工場にパレタイズ・ロボットを導入/本社にCAD/CAM システム、サンプルカッター機およびコンピューターデザインサンプルシステムを導入
1996 年 5 月 小田原工場第三次工場増設(3階建事務所・工場・倉庫)
1996 年 8 月 第一種貨物運送取扱事業者の認可を関東運輸局よりうける
1999 年 8 月 小田原工場第四次工場増設 フレキソ4色機(4FG)・6色機(6F)・ロータリーダイカッターを導入し、ダンボールのダイレクトプロセス印刷を開始
2001 年 3 月 小田原工場 設備増設 フレキソ3色機(3F)導入
2001 年10月 第24回 プレミアム・インセンティブショーに出展
2003 年10月 (社)日本POP広告協会主催、第33回JAPAN POP Festivalクリエイティブデザインショーにて銀賞受賞(飲料メーカーキャンペーンキット)
2004 年 4 月 小田原工場に自動平盤打抜機を導入
2005 年10月 東京本社に大型フラットベッド型プリンター(コアジェットプレミアム)+デジタル・コンバーティング・マシン(DCM)を導入。Direct Digital POPシステム(D.D POPシステム)の稼働開始
2005 年11月 東京本社 新社屋完成
2007 年 1 月 「すみだが元気になる ものづくり企業大賞2007」を墨田区より受賞
2010 年10月 (社)日本POP広告協会主催、第40回JAPAN POP Festivalクリエイティブデザインショーにて銀賞受賞(COOL TOUCH体感ディスプレイ)
2013 年 6 月 東京本社に大型フラットベッド型プリンター(Rho P10)、ラミーナシステムグルアー&ワーキングステーションを導入、稼働開始
2013 年 8 月 「高耐荷重2段フロアディスプレイ」、実用新案登録(第3185716号)
2014 年 2 月 東京本社にDCM2号機導入、稼働開始
「ワンタッチ組立展示台」実用新案登録(第3189363号)
2014 年 4 月 小田原工場 ワンタッチグルアー、パレタイザーロボット入替
2015 年 2 月 「高耐荷重半円フロアディスプレイ」、実用新案登録(第3195976号)
2017 年 8 月 小田原工場 廃水処理設備入替
2017 年12月 東京本社 流通加工・アッセンブリ工程にウェイトチェッカーを導入、稼働開始(連続計測用および静止計測用)
2018 年 7 月 イベント、ポップアップショップ用に開発した「ハコベル」ブランド什器の販売開始
ページトップへ

会社概要

当社製品紹介はこちらから